顕微分光光度計MSP-1V

顕微分光光度計「MSP-1V」仕様

1.光学系

測定サイズφ15μm(または15μm)
対物レンズ長作動距離型
分光器ツエルニターナマウント光学系
測光方式シングルビーム方式
光源ハロゲンランプ
測定範囲450nm~700nm(尚430~450nm及び700~800nmの波長
領域でも測定は可能ですが、測定精度は低下します。)
波長分解能<2nm
試料観察系PCディスプレイ上にビデオカメラの試料画像と測定範囲を表示します。
試料ステージ手動

2.検出器

光検出素子超高感度CCDリニアイメージセンサ(電子冷却型)
チャンネル数1024ch
A/D分解能16ビット

3.測定

測定モード透過率スペクトル(%T)、吸光度スペクトル(OD)、および時間変化測定。発光スペクトル測定も可能です。
測光範囲100%T(OD.0)~0.1%T(OD.3)

4.制御

データ処理PC(OS:Windows)
分光光度計の制御及びデータ表示、処理を行います。

*印を付けた項目は、使用する分光光度計に依拠します。

顕微分光光度計「MSP-1V」 仕様書添付資料<参考図>

顕微分光光度計「MSP-1V」 仕様書添付資料【参考図】

ページ上部へ戻る